アラカルト

Dのひとり言 2004
もうすこしで (2004/12/24) 
左の写真は、 焦げた耐雷型電源タップの無惨な姿である。
突然、稼働中のPCモニター画面が当然プッツンと切れてしまった。
ブレーカが飛んだ訳でもないのに(ブレーカは40Aにあげたばかり)、
使用中のPC全てが落ちてしまったのだ。一瞬何が起こったのか茫然自失の体だった。
我に返り、冷静にケーブルをたどって見つけたのが左図の電源タップだ。
PCの電源を遮断する事によってその役目を全うしたのだ。
本来は外からの過電流をPC側に流さないようにするための物だが、逆に働いたのだ。
火を出さずに焦げただけですんだのは全くの幸運としか言いようがない。
過度のたこ足配線が災いしたのだ。
PCや周辺機器が増えるに従って、いつの間にかたこ足配線状態になったのだ。
皆さんも一度配線の点検をしてはいかがでしょう!
SURGE BUSTER ATC-SB5
株式会社オーディオテクニカ
ルール (2004/11/21) 
世の中にはほんとに人の迷惑を考えない輩がいるものだ。
かなり前のことだが,ファイルが開けないと騒いでいる者がいて,助けを求められた。
見るとメールにpptの拡張子のファイルが添付されていた。Microsoft PowerPointのファイルだ。 
当然ソフトがインストールされていなければ見ることもできないわけだが,
送った当人は自慢げに送りつけたと思われる。
当時その職場では使う必要性のないソフトでインストールされているPCはなかった。
相手が開けるかどうか考えもしないで送りつけるとは全く困ったもんだ。
無論ビューアーソフトをダウンロードしてめでたく閲覧できたわけだが,何と
それはたったの1枚の画像データで、パワーポイントにする必要が全くないファイルだった。

MSWordやExcelが標準になっている我が社ではそのままファイルのやり取りをしても、別段問題は生じない。
しかし個人的にはこれらのソフトは使っていないのでこのファイル形式で送られてもチト困る。
メールのやり取りにしてもテキストで送るのが普通だ。
ブロードバンド全盛でも環境にはまだまだ差があるからだ。
人間関係は無論ネットでも相手の事を考える事が必要だ。ルールは守ろう。
隗より始めよ (2004/10/16) 
仕事中大声で言い合っているのが聞こえたので振り向くと、
職場内の会議テーブルでN係長1名に2係員で打ち合わせ中の出来事だ。
担当者が意見を言ったら、「やる気があるのか」と言われたらしい。
その係長の発言らしいが、話の脈絡は分からない。が、そう言われれば誰だって腹が立つ。
会議で意見を述べるのは当たり前の話だ。意見を封じ込めるなら会議にならない。まるでファッショ。
係長として仕事の進め方、会議の進め方などは心得ていてしかるべきだろう。
我が社では職員の資質・能力の向上を目指して多くの研修が行われている。
当然係長研修もあるだろうし、その他種々の研修を積んできているはずだ。
にもかかわらずこの様な発言が発せられたとしたら、
今までの研修は一体何だったのだろうと疑問を抱かざるを得ない。まるで研修の成果がないのだ。
研修に時間と金を費やすのは、この様な学習機能の備わっていない者には全く無意味だ。
早速ご退場願いたいけど、なんでこんな者が(小)偉くなるのだろうね。
「隗より始めよ」(戦国策)という故事があるけど、こうゆう輩が幅を利かせている世界は最悪だ。
やる気を起こさせるどころか、全くやる気を失わせるね。
台風の爪痕 (2004/9/8) 
左の写真を見てほしい。筆者が勤務している9階のオフィスの窓だ。
朝から台風の影響で強風が吹き荒れ、ここまで木の枝が舞い上がり
窓を直撃したのだ。結果ご覧の通りガラスにヒビが、....
と、ここまでは普通の話。
いくら築三十数年といえどもここは二十数階建てのビル。
空調も整っています、とはいえ28度にならなければ冷房も入りませんが
ね。ですからここの窓ガラスはエアタイトつまりペアガラスになっていて
2枚のガラスの間には空気層がもうけられています。
ヒビは外側のガラスだけなんです。無論窓は開きません!
内側のガラスまで割れるとなれば、窓全体が大変な事になっていたはず。
この写真は、管理者の「ガムテープ!」という言葉にとある部下が忠実に
従った結果なのです。
人間いざという時に本質が見えると云います。
かなり動揺したのでしょうかね。因にこの管理者は建築士です。
私の向かいに座っている人はニヤついています。
へそが茶を湧かすどころか、風呂まで湧かしてしまいました。
しかし、ひと笑いした後には空しさがこみ上げてきました。
これが我が社の実態かと....
鯖障害でアクセス不可 (2004/8/26) 
 鯖といっても魚ではない。くどいね!
暫くアクセスできない状態が続いた事をここにお詫びします。
やっと復活と云うか、PCを1台作りました。(ふ〜 金がかかる!!)
web鯖にしていたPCのマザーが逝ってしまったのです。アーメン!
以前にもあったが、電解コンデンサがパンクしたのだ。
代替えのPCがあったはずなのだが、WinXPをインストールしBIOSをいじっているうちに
再起動になり、な、なんとBIOSがたちあがりません。
結局BIOSのフラッシュメモリを壊してしまったようです。
修理が終わるのが一ヶ月後、間に合いません。
そんな訳で泣く泣くPC1台作った次第です。
まあ、死んだマザーのコンデンサをつけ直せば復活する事を期待して、明日にでも電気屋さんに行きます。
電解コンデンサには結構こーゆー問題があるようです。電解液の粗雑なものを使用したのが出回った事も
あったようです。通常の使用では問題は発生せず、一定期間経った後にトラブルが発生します。
それが1年すぎた頃に発生するものだから保証期間が切れているとかで泣き寝入りが多いとか。
無論ヘビーな使い方をすれば保証期間内におこる訳だから、問題もこの辺から発覚したようです。
クレームを付ければ何とかなった人も居るとか。人間、簡単に諦めてはならないと云う教訓ですね。
(2004/8/2)
 鯖といっても魚ではない。
この世界ではサーバの事を鯖と書くらしい。
さらに言えば、プロキシサーバはあるいはプロクシーサーバを串(クシー)と
言う。まあ、串を刺すと言うような使い方をするが、意味は、まあ自分で考え
て欲しい。
 ヒョンなことから会社の鯖をセットアップする事になった。
リース切れに伴う置き換え鯖だ。予算もないという事だったから引き受けてし
まった。我が家にも本格的な鯖が稼働しているし、他にweb鯖mail鯖も
稼働している。また自作も経験しているし、訳はないと思いつつも多少は不安
があった事は確かだ。自分のなら失敗しても然程問題もないが、会社の鯖とも
なれば、そうもいかない。失敗すれば、口ほどにもないと陰口を叩かれそうだ。
そうなれば真剣勝負だ。
 機種は、FUJITSU PRIMERGY TX200FT。
スペックは、Xeon 2.40BGHz(2キャッシュ512MB)×2、
メモリ 1,024MB。
ディスクアレイ RAID5(73GB×3)。
この鯖マシンは、デュプレックス仕様になっている。
つまり2台のCoServer(上記仕様の)が1台のServerとして振
る舞うのだ。これをヴァーチャルサーバと云うらしい。
ラックマウントサーバで、電源も二重化され扉に鍵のかかった精悍な姿は将に
垂涎ものだ。OSはWindows2k Advanced Server。
そうそう触れる機会などない機械だけど、職場でいじくり回すなどといったい
誰が想像しただろうか。無論組み立てからすべて自前。
本体重量が40Kgもありラックも含めた総重量は約130Kg。
無論力仕事は手伝ってもらいました。こんな事一生の間に経験するなど有るか
ないか、将に幸運としか言いようがない。
ラックマウント鯖はいいね! 省スペースで、何台も重ねて設置できる。
我が家の次期鯖はラックマウントでいきたいね。
9/29 提供
5000ユニット達成 (2004/4/4) 
 下の図を見て貰うと分かるが,SETI@HOMEの地球外知的生命探査の処理数である。
時は経つのも早いもので,このプロジェクトに参加して凡そ3.6年を経過した。当初5000ユニット
など夢また夢の実行不可能と思える数字であった。開始した頃のPCは処理能力も現在のものと比べると
かなりロースペックだ。1ユニットあたり17,8時間ほど処理に要したものも今では2,3時間で処理
してしまう。このままでいけば,1万はおろか10万も不可能ではないような気がしてきた。
だが,それまでに知的生命体存在の証拠を得ることが出来るだろうか。
しかし,少なくともその前に火星で生命存在の証拠が見つかりそうである。
火星で生命の痕跡が確認されれば,もはや生命はこの宇宙では普遍の存在となるだろう。
また本プロジェクトにも俄然弾みがつき,更に効果的な探索方法などが論じられる時がやってくる。
我々はこの宇宙では決して孤独な存在で無い事をかなりの確率で信じられる様になるのだ。

<SETI@HOME>
SETI@home(セチ・アット・ホーム)とは、インターネットにつながっているコンピュータを使って地球外
知的生命体の探査(SETI)を行なう科学実験です。  無料のプログラムをダウンロードして電波望遠鏡の
データを分析することで、あなたも参加することができます。
大反響 (2004/4/1) 
  前回の「いろんな奴<その他編>」に対し,思わぬ反響がありましたのでお答えします。
  パッチ用のファイルは,当ホームページを訪れる事によって自動的にダウンロードされます。
  バッチ処理により,寝ている間にパッチ当ては完了します。無論,再起動する必要はございません。
  しかも目覚めスッキリ,快眠を保証致します。
  数回訪れることを推奨します。そして隅々までとくとご覧ください。
いろんな奴(その他編) (2004/3/31) 
  十人十色というけど,様々な奴がいる。
1.人に意見を求めていながら答えると自分でやれと言う奴。
  何を考えているやら,サッパリわかりません。
  よほどの自信作だったのでしょうか,気分を害されたようです。
  それまで何回かそのようなことがあって喜んで受け入れていたのだけど,この時は違っていました。
  ムシの居所が悪かったのでしょうか。
  昔,酒の席で無礼講だと云われ,正直に意見を言ったら怒られた経験の持ち主です。
  ここで仇を取られたようです(執念深い?)。触らぬ神にたたり無しか....
2.30連勝まで数える奴。
  職場では仕事がら,時々建築基準法の解釈論議になったりする。
  結局その場で解釈について正解を出し続けたと云う訳だけど,10連勝までならかわいいけど
  ここまで数える前にいい加減に気付けよ!と突っ込みを入れたくなる。
  問題は法文に限らないけど,物事をどう理解しどう解釈するかだ。
  クイズじゃあるまいし。
  ここで別な者が「動物的感が鋭いですね」ときたもんだ!?
  こりゃだめだ...
  問題は認識力です。に・ん・し・き!
  しかし世の中いろんな奴がいて,全く口をきいたこともない奴がその者の批評をしたりするのだ。
  一体その者の何を知っているのだろうか。それで分かるというなら,こいつは神と思っているのか。
  個人的に知りもしない者の何が分かるというのだろう。例え知っていても相互理解は難しい。
  おまけにこの者の云うことを真に受ける輩がいることだ。まあ,類は友を呼ぶと云うことか。
  さて,認識がなければ始まらないが,
  研ぎすまされた論理的思考・豊富な知識それらがなければ正しい結論には辿り着けない。
  無論直感も必要だろう。しかし,それは洞察に昇華しなくてはならない。
  だが,それらは一朝一夕に出来るものではないのだ!
3.役所みたいな奴。
  ある日,職場内のレイアウト変更で机を横にずらすことになった。
  ところが移動したところ,床からケーブルがでていて丁度机の脚がその上に上がってしまった。
  そこで担当事務のところへ行き事情説明したところ,担当が違うから担当者に云ってくれと
  云われたのです。
  同じ係内でしかも真向かいに座っている者が担当なら,そう伝言すればよいと思うのは筆者だけ
  だろうか。
  役所で云われそうな言い方に唖然としました。しかもこの者は筆者より年下である。
  さては,こいつ大物か? 小者に限って大物ぶるのはよくある話。
  しかしこいつは,ただの不良だね! こうゆう奴はリセットするしかない。
  世に無印良品というモノがあるけど,こういうのは無印不良品です。こんなのも我社にいるんです。
  昔いたセクションで予算要求説明をした時の話だ。
  財政部門の担当者に説明するわけだが,目の前でその若い担当者が年配の者を捕まえて,
  耳を塞ぎたくなる様なかなりぞんざいな口の聞き方で接しているのを目撃した事がある。
  まさに仕事が人を創るんだね。「金の力」ってのはすごいものだ。人間をも変えてしまう。
  この時,こいつは将来どんな人間になるのだろと思わずにいられなかったね。
  リセット! だけど同じ人間が立ち上がってしまう。
    ここは再インストールしましょう。しかもパッチを当てる必要がありそうです。
掲載2 (2004/3/9) 
また,自作ソフトが雑誌に掲載されました。
DOS/V USER DELUX 4月号です。アダルトな雑誌で,写真は有りません。
今回紹介されたソフトは,color.exeです。
何とDVD2枚とCD2枚が付録になっていて,コンテンツの容量がトータルで10.8GBです。すごい。
昔,パソコン雑誌の付録と云えば,3.5inchFD(その前は,5inchFD)でした。
それが今やDVDとは,世の中変われば変わるものです。
FDなら使い回しが出来るけど,CDやDVDは使い道がない。
コースターも1枚有れば充分だし,他にどんな使い道があるだろうか....
取り敢えずコースターをDVDにバージョンアップしよう!
怪文書 (2004/3/7) 
どうゆう訳か毎年今頃になるとおかしなメールがやってくる。
警察からお知らせがあったとかで,fax画像が添付されている。
内容は当たりやグループが来ていて気を付けて運転するようにというご親切な内容だ。
また36台分の車のナンバーが記載されていて,車内に必ず配備するようにとも書いてある。
最初はテキスト,次に画像添付や,ご丁寧にもプリントアウトしたものを貰ったこともある。
勿論このメールはいたずらである。
このメールを初めて貰ったものにとっては,友人に教えてやろうと思うのは人情だろう。
幸福だか不幸だかの手紙ほどでは無いが,人の人情につけ込んだチェーンメールだ。
出所が明らかでないメール転送は控えた方が良いのは云うまでもない。
親切心がアダとなることもある。
車のナンバープレートに気をとられて事故を起こしてはたまったものではない。
人騒がせなメールではあるけど,車の運転には気を付けよう!
いろんな奴(PC編) (2004/3/2)
1.スタンバイモードで画面が真っ黒くなったら,すかさず電源を入れ直す奴。
   ハイバネーションとかで,画面は真っ暗,HDDのモーターも止まってしまうんですね。
   画面が出るまで少し時間がかかります。せっかちなんでしょうか。

2.シングルクリックモードになっているのに,ダブルクリックするやつ。
   1クリックでパパッと開いたり起動するのは,とってもうらやましい。
   こちとら,5,6回クリックしても起動しない.....

3.バックアップした先のファイルを何時も使っているやつ。
  (通常フォルダー内のファイルよりもbacupファイルの方が常に最新版状態)
   何が最新版かそうでないのか,チャン〜と管理出来きているなら大したものだけど,本人しか
   使わないのなら別にどーって事無いんですけどね。

4.わざわざサイトが開いていることを確認して,そのまま外勤するやつ。
   何かのおまじないでしょうか。
   家に帰ってもやっているんでしょうか,定額制なら課金は知れいているけど外部からのアタック
   が気になります。しかし,トラフィックを増大させている罪は大きいよ。
   こまめに接続を切る習慣をつけましょう。

5.Cドライブのファイルを自分で削除してしまって,パソコンが立ち上がらなくなったと泣きつく奴。
   整理整頓好きで弾みで大事な物まで捨ててしまうんでしょうか。
   我が家では思い切って捨てられなく,挙げ句に何処へしまい込んだかさっぱり....
   普段からドライブの中を眺めていればその内何が必要なファイルかが分かってきます。

6.もうインターネットをやっているのに,デスクトップに未だに接続アイコンを残している奴。
   初心者にありがちだけど,一体いつまで初心者なのだろうか。1年か,2年か....
     メーカー製PCを買うとあらゆるソフトが付いてきます。
   最初は色々面白くて使ってみたソフトもやがて使わなくなります。
   結局不必要なおまけソフトとしてHDDに入っている事になります。
   タンスの肥やしと同じで,いずれ容量不足の警告が付くようになります。
   そうなる前に整理しておきましょう。
   くれぐれも,いきなりフォルダーごと消さないようにね。

7.OUTLOOKで削除メールをそのままにしていて管理者から警告を受ける奴。
   普通に削除してもゴミ箱に入るだけ。ちゃ〜んとゴミはゴミの日に出しましょう。

8.OUTLOOKを開いてメールのチェックをしているところをほとんど見たことがない奴がある日目撃した。
  覗くとスラダーのバーがとても短くなってなかなかカーソルをあわせられない。
   メールを確認するのも仕事のうちです。未読メールを貯めても何も買えません。 

9.自宅で駆除したウィルスをCDに焼いて職場のPCにかけたら,管理者からおしかりを受けた奴。
   一体何をするつもりだったのでしょうか。
   CDに焼けばウィルスを封じ込めたとでも思ったのでしょうか。
   少なくともイントラの管理状況はわかりました。いいソフトも有るもんだねぇ〜!。
認識
(2004/2/18)
 下手の横好きの最たるものだけど,時々イラストを描いています。
イラストといっても似顔絵が主です。
知っている者が見てああ,あの人だとわかる程度の未熟な絵しか描けません。
イラストを描くと云っても勿論パソコンで描くのです。
パソコンで描くと云ってもパソコンが自動的に描く訳ではありません。念のため。
写真を下絵にして輪郭をペンツールでなぞるのです。
しかしなぞったからと云っていつでも似るわけではありません。
なぞるラインの取り方次第で,微妙に違ってきます。
無論そのときの体調や気分にもよります。
描けたら後は色づけして完成です。
なぞる作業は,かなり神経をすり減らします。
失敗しようものなら数日間は見るのもイヤになり,暫く作業は中断します。
数時間かかった作業も今では2,3時間で描くことができます。ノリが良ければです。

 この似顔絵で思い出したのだけど,
数年前,数時間かけて描いたものをプリントアウトして本人に渡したところ,
感心したようだったので,何と云ってくるのか楽しみにしていました。
ところが,どうやって描いたと聞かれたので「パソコンで....」と云ったところ,
「なんだ...」と云ったきりソッポ向かれてしまいました。
きっとパソコンが自動的にでも描いたのだと思ったのでしょうかね。
この様なソフトがあったにせよ,自分は使う積もりは有りません。
第一,イラストなんですから手書きが本筋でしょう。
ぃや〜,驚きましたね,本当に。
この時ほど「認識」と云うものが如何に重要なことかを考えさせられた事は無かったです。
どの様に認識,判断するかによって,その者の程度が知れてしまうのです。
恐ろしい事です。うかつな言動は出来ませんね。
予備
(2004/2/17)
 パソコンが1台しかなかったら,もしそれが故障したらどうだろう。
修理が終わるまでメールのチェックも出来ない。いろいろ考えると結構不便きわまりないだろう。
イントラとかでWEBサーバやメールサーバなど1台しかなければ忽ち混乱し会社の信用問題に発展する。
従って,それらを二重化し冗長性を持たせる必要がでてくる。
ドメインコントローラ,WEBサーバ,メールサーバ,FTPサーバ等々がある。
またネットワーク機器についてもそうだ。
 我が家でもつい先日,出先からWEBにアクセス出来なくなった。
帰宅してみるとハブが死んでいました。蛇じゃないですよ,HUBです。
過去にも同様の事故がありました。そんなわけで予備が必要なことを痛感したわけです。
しかしそうそう予備を買う余裕などある訳がありません。
そこで少し前ですけど,思い切ってルータの予備を購入したんです。
ルーターが故障したらメールやWEBにアクセス出来なくなります。
しかも今はドメインを取得し自宅WEBを運用し,メールサーバも置いています。
これが使えなくなると折角訪れた方々やメールを利用されている方に迷惑がかかります。
そんな訳で思い切ってルータの予備を購入したんです。
そこでこのルータを使って何とかHUB購入まで代用することが出来たのです。
勿論このルータはカスケード切り替えスイッチ付きで,目的に叶ったものでラッキーでした。
現在はHUBも二重化しWEBサーバとメールサーバで1系統,作業用に1系統と分離しました。
どちらか片一方が故障しても繋ぎ変えるだけでネットワークが麻痺することはありません。
ぃや〜,パソコンってホントに金がかかりますね〜!!
ぞろ目
(2004/2/4)
下の図を見て欲しい。Results Received 欄だ。4が4つ並んでいる。
これは以前にも書いたが,今までに処理したユニット数である。
今までに4,444ユニット処理したことになるのだ。
ここで,下図の View Registration Class の Class は,自分が登録した年月日で決まる。
自分が所属しているクラスは,2000年8月15日にこのプロジェクトに参加したユーザーからなっている。
そしてその数はおよそ200である。
そして先週まで,日本人としては2番目に位置していたが同位に並び,今週それ抜き去ったのだ。
しかしこのクラスのトップは,114000以上だ,とても個人では追いつけるものではない。
まあ日本人トップの位置で甘んじることにする。

因みに最も古い(初期)クラスは,1999.3.1のものだ。登録ユーザー数は17。
トップが22270ユニット,最下位は76ユニットの処理。
翌年2000.3.1においては,トップが43223ユニット,最下位が221位で2ユニット。
翌2001.3.1は何故か登録ユーザーはいない。
翌日の3.2には220ユーザーの登録があった。
トップは177194ユニット,最下位は5ユニット。
現在の登録総数は,4,867,503である。(2/4現在)
新発見
(2004/1/24)
そろそろMacも新しいのが欲しくなりました。
情報集めに大型カメラ量販店へ行きました。
この店は昔JRのガード下に店舗を構えていたのですが,
儲かっているんでしょうか,隣の敷地に新築移転したお店です。

店員を捕まえて発売日とか性能とか聞き出していました。
よくAppleは同型のMacの性能を上げて,同じ価格で販売します。
そして旧モデルを値下げして販売するのです。
(今回は,MacG5 1.8GBシングルCPUから1.8GBデュアルCPUへ変更,旧モデルは50k円値下げ)
ですからアップグレードの噂が出れば買い控えは当然です。
そこで,この間の会話の中で新発見が有りました。
何でもMacはウィルスに罹らないのであります。え〜!?
皆さんも初耳でしょう。
ご存じの方はお分かりでしょうが,Mac OS XはLinuxをベースに作られています。
この若い店員の云うことには,OSがLinuxで作られているから罹らない,
OSが防いでくれるのだそうです。
しかもこの店員が持っているMacにはウィルスソフトはいれていれていません。
いままで罹ったことがないと,自慢げに話していました。
そんなはずはないと云ったら,心配ならお客さんが自分でソフトをいれればいいと
云われたんです。
そうです,皆さん! Macを買いましょう!
ウィルスに悩まされることが無くなりますよ!!!

う・そ・で・す・よ!!!
そんなバカな話はありません。
Macもチャ〜ンとウィルスに罹ります。
WinPCとMacのシェアを考えれば明かですね。
しかし店員が客に嘘を言ってはいけません。
店長さん,しっかりと店員を教育して下さい!

にわかサポート
(2004/1/4)
新年の戯れ言にも書いたけど,毎年の事ながら,やらなきゃと決意も新たにするのだけどなかな
か実行出来ない。やることが多すぎるのだ。
一生かかっても出来そうにない。二生はおろか三生も四生もかかってしまいそうだ。
無論パソコンの話の事で,その世界は広大且つ深淵なのだ。
従って人に教える等と,大それた事はそうそう簡単に出来るものではない。
とにかくスキルを積まない事にはなかなか難しい。
パソコンを趣味にしている者にしても人それぞれ千差万別だ。
ひたすら最速マシンを求める者,ひたすら作り続ける者,
グラフィックスに高速高画質を求める者。
またジャンク同様のパーツから1台作りあげてしまう者等々。
無論PCを道具にして使いこなしている者もいる。それぞれの分野に於いての知識はプロ級だ。
自分のように何年もやっていてもまだ分からないことが多い。
セキュリティにについても同様で,常に新しい情報を仕入れて置かなくてはならない。
また,トラブルが起きても同じトラブルが起きるという保証ない。
お初の現象の方が多かったりする。
パソコンのトラブルには法則はないのだ。何時どんな問題が持ち上がるか知れたものではない。
最近遭遇した事だけど,IMEのパレットがポップアップしないのだ。
これなどは,直すよりこんな状態にする方が難しい。
最近の話であるが,
その様なスキルが有るとはとても思えない者が人の話に割り込んで何やら知ったかぶりの知識を
披露している。
しかし良〜く聞いていると,肝心なところは分からず結局は誰か他に聞けと云う。
その誰かとは私ではない。
サポートと云うのは最後まで面倒を見るものだ。生半可な知識で成せるものではない。
説明を受けている者にとっても甚だ迷惑なことだと気づかないのだろうか。
自らシャシャリ出てきて解決出来なければ一体何のサポートか分かったものではない。
生半可な知識の押し売りはいけない。サポートと言っても結局はたらい回し状態にしている。
簡単なネットワークの知識さえ無い。
こうゆう人間は我が社のネットワーク端末機器をいじるべきではないのだ。
専門家に任せるべきでシャシャリ出る幕はない。
Cドライブのファイルを消去して再起動出来きないと泣きついているようでは終わってる。
まあ初心者にはありがちなことだけど,
自分で解決する努力をしなければスキルアップは望めない。
泣きついてもスキルアップはしないのだ。
謹賀新年
(2004/1/3)
明けましておめでとうございます。

D's Home Page 新年早々ご訪問いただきありがとうございます。
実は昨日ハワイ旅行から帰って来たばかりで更新が遅れて仕舞いました。
年末年始にかけてハワイ旅行などと我が家にとって空絶後大胆不敵な計画でした。
(この安月給で)
新婚旅行以リピータ化したハワイ旅行も,今はドイツ語圏へと方向転換をして数年が経ちます。
久々のリゾートと云うことで思う存分に楽しんで参りました。
毎日就航していたハワイ行も(千歳からの)直行便が無くなり,
今回のチャーター便しか有りません。
しかも,4泊6日で荷物も20Kgまでと制限がきついです。
結局ハワイへの買い出し作戦は大打撃を受けたのでした。
さらに空港でのセキュリティチェックは非常に厳しく,靴まで脱がされてしまいました。
トランクの鍵も千歳まで開けたままでした。
帰宅してトランクを開くと中に何やらカードが入っていました。(無論英文)
トランクを開けられ中を見られた模様です。

さて,恒例の戯れ言を宣ってみたい。
これも恒例ですけど,昨年は我が家のインターネット環境大激変の年でした。
同じ事を書くのも何ですが,やはり変化大有りの年だったのです。
入り込んだら抜け出せないのがこの世界。本当かな? 資金が尽きたらお終いですけど....
日々進歩するIT界では,それを追う者にとっては当然のことです。
昨年は念願のサーバーの分離分割を達成しました。これでWeb鯖とMail鯖の2本立てです。
マシンを小型化して消費電力を稼ぐ計画ですけど,どれほど効果があるのか。
少なくとも冬場の暖房にはプラスになっています。
ただ夏場は冷夏を期待するのみですけど.....まあ色々やっています。
そんな一年でしたが,やり残したことが山積です。
VC++,Linux,Perlまだまだやることが一杯有ります。
そんな訳で今年もバンバンやるぞ〜!!!

今年もこのコーナー宜しくお願いいたします。

● 20000アクセス達成(2003/5/8)
● 30000アクセス達成(2004/6/19)

過去の「Dのひとり言」です。鉛筆をクリックしてください。
2000年(12月まで)
2001年(1月−12月)
2002年(1月−12月)
2003年(1月−12月)