Dのひとり言 Back Number 2002
掲載 (2002.8.2)

当サイトの自作ソフトが収録されました。
\2,800(税別)
Dのひとり言
お詫び (2002.8.26)
 Bフレッツ導入によりプロバイダーの変更を余儀なくされ,
サイトのデータの引っ越しを全て完了させました。
しかしソフトの環境設定のミスにより,全ページが文字化けを起こしてしまいました。
せっかく訪問していただいた皆様に迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫びを申し上げます。
なお現在のところ問題なく運用しています。
これからもよろしくお願いします。

ブロードバンド (2002.8.11)
 いよいよ我が家にもBBがやってきた。 
現在住んでいるマンションでも遂にBフレッツが可能となった。 
今回の工事でどのくらいの者が導入したかは定かではない。 
全国平均がやっと50%を越えたところであるが,当MSでは20%とお寒い。 
まあいずれIT化が進むことは間違いないことだろう。 
これから導入しようとする者にとっては最初からBBが待っている。 
300ボーのパソコン通信が懐かしい。
 
暑い (2002.8.6)
 暑いと云っても気温の話ではない。
ここ札幌では日中暑いと云っても30℃越える日はほんの数日間である。
せいぜい25,6℃がいいところである。 
夜ともなればググッと冷え込み,窓を開けて寝ようものなら寝冷えをしてしまう。 
その様な過ごしやすい気候の中での我が社の室温設定のことである。 
何でも国の省エネ基準が28℃なのでそれに習っているそうな。 
外気温が低くてもIT化と温室効果で28℃を越える。 
室温が28℃を越えてやっと冷房が入るのである。 
窓を開けて外気を取り込みたくとも窓は開かない。 
近代的な牛舎では乳の出を良くするために冷房完備で音楽を聴かせているそうである。 
どうやら我々は牛以下の存在らしい。 過酷な労働条件で働かせられているのである。 
省エネと云っても,外気温33℃で5℃下げた設定も26℃から5℃下げてもエネルギー損失は
同じに思えるが, いかがなものであろうか。 冬は冬で暖房設定温度が定められている。 
寒ければ沢山着込んで凌げるが,暑いのは凌ぎようもない。 
なとかして欲しいものである。 

囲碁 (2002.7.12)
 昔,囲碁にはまっていたことがあって,5寸の桂材の盤や蛤の碁石などを大枚をはたいて
買ったのもである。 もう今は昔の話である。 それらは今押入の中で眠っている。 
職場でも昼休みともなれば数組のペアが対局している。 
囲碁に関しては全く興味が失せてしまった今日この頃ではあるが, 
最近とあるクラブで無論テニスクラブであるが,囲碁の話題になって 
順番待ちにでも囲碁でもやりたいと話が弾み, 昔廃材で造った13路盤をクラブハウスに持っていった。 しかし,碁石がない。 
ベニヤ板の碁盤には蛤が合うわけは無く街中の囲碁店へプラスチックの碁石を買いに行った。
しかし店に入ると, そこは別世界であった。 
若いのと年増の店員がいて自分が入っても気が付かない程話に華を咲かせていた。 
しばらく店内を物色していたが,いっこうにこっちに気が付く気配もない。 
私が泥棒だったらどうするのかと思いつつ, 目の保養をさせてもらった。 
結局何も買わずに帰ってきたがもう二度とこの店に足を運ぶことは無いだろう! 
留守番にもならない2女店員の話ではある。


Bフレッツ (2002.4.3)
 マンションでBフレッツを導入しようとすると理事長印が必要となる。 
共有部分を使うので理事会の承認が必要になるためだ。 
またマンションをIT化しようとすると総会での承認が必要となる。 
我が家でもBフレッツを導入しようと工事許可申請書を当理事会へ提出した。 
ところが,何でも時期尚早とかで,却下されてしまったのだ。 
アンケート調査の結果を見ると当マンションのインターネット利用率は20パーセント。 
普及率がこの程度ならITやブロードバンドに関心が薄いのは無理かなることである。 
築20数年も経るとマンションは老朽化し,なかに住む住人も老朽化してしまう。 
住人の新陳代謝がなければ平均年齢もそれなりに増加の一途をたどる。 
それを考えるとこのマンションにいる限りブロードバンドは夢また夢の話だ。 
おまけにこの地区は電話回線の一部が「光」になっていて, 我が家の回線はISDN専用回線
なそうな。 従ってADSLの導入も不可能となり,先行投資したルータは無用の長物と化し,
我が家のブロードバンド計画は絶望的となってしまった。 インターネットでの調査結果では
ADSL利用可能地区となっていたのに一体どうしてくれる?
    N・T・T !
1000ユニット達成
(2002/1/20)
遂に1000ユニットの処理を達成し表彰を受けました。
SETI@home(セチ・アット・ホーム)とは
インターネットにつながっているコンピュータを使って地球外知的生命体の探査(SETI)を行なう科学実験です。
無料のプログラムをダウンロードして電波望遠鏡のデータを分析することで,あなたも参加することができます。 
謹賀新年 (2002/1/1)
明けましておめでとうございます。

D’s Home Page 新年早々ご訪問いただきありがとうございます。
新年を迎えるにあたり,戯れ言を宣ってみたい。
ダイビングのコンテンツで開設したHPだが,2年続けて0ダイブ。
そんな訳で昨年はコンテンツ抹消し,新たにD's Bilderを開設いたしました。
元々実験的な兼ね合いで開設したHPで知識と技術の習得を目指していた訳で,
概ね初期の目的は達成したように思う。
旅行のページも毎度の事ながら,この時期になってもまだ完成していない。
また,クローズドなWebサイトで「ルフ理事会」や「PC Club」もそこそこの盛況で
あった。[PC Club]は誰でも入会可能なので,メールを頂ければ入会案内と共にパスワードの
発行をいたします。
更に,我が家のPC環境としては,フレッツ・ISDNでのインターネット常時接続も今では
レガシーなインフラになってしまった感がある。
筆者の地域もBフレッツ(FTTH)のサービスエリアにはいってきた。
無論申し込んでいるがマンションの管理組合の工事許可が下りればの話だ。
下りれば100Mの通信インフラが整う。
サーバーも導入したが,次はリナックスの導入だ。
但し,リナックス導入予定のベアボーンキットはマザーを破損させてしまった。
CPUクーラー取付時にコンデンサーを傷付けたらしい。トホホ。。。。
バラ色とは行かないが,益々充実するパソコンライフではある。

今年もこのコーナーで言いたい放題,昨年同様の勢いでやりまっせ
注) FTTH:fiber to the homeの略で光ファイバーのこと。            
ラスト1(ワン)マイルと云われ一般家庭までの接続に時間が掛かっている。 

過去の「Dのひとり言」です。鉛筆をクリックしてください。
2000年(12月まで)
2001年(1月−12月)
2002年(1月−12月)
2003年(1月−12月)