Dのひとり言 Back Number 1
システム管理者(12/4)
本日今夜,おそらく最も小さなシステム管理者が誕生したのではないだろうか。
ホスト4台ながらユーザーは我が妻1人である。
管理者1人ユーザー1人。
10Base のピアtoピアに始まって,現在本格的なサーバーの導入だ。
設定はこれから徐々に行っていく。
今,「システム管理者の眠れない夜」がベストセラーになっている。
果たして自分に「眠れない夜」がやって来るのだろうか。
 
システム管理者(12/28)
システム管理者といえば,居なかったらどうなるだろう。
こんな例はないだろうか。
線をひいてパソコン繋いで,はいイントラです。後は御勝手に!
これでは何のためのイントラだろうか。
利用者への適宜啓蒙・指導など全くない。
無論パソコンの操作方法から障害までの問い合わせなどに全く対応不能。
システム管理者不在の良い例である。
システム管理者の役割はきわめて大きい。
また,
インターネットを使わせたら仕事もしないでろくでもないコンテンツしか見ないから使わせない。
emailを使わせたら私信にしか使わない,だから使わせない。
こんな事を云っているところは無いだろうか。
国を挙げてIT革命と云われている中,利用者1人一人が利用技術を学び
仕事にどの様に結びつけるか,どの様な情報を受け,どう発信できるか,
インターネットを利用しながら学ぶ機会を奪われては,IT革命などは成し得ない。
意志決定できる立場にありながらこの様な判断しかできないとしたら,日本の将来はお先は真っ暗だ。
 このような者がいる限り,日本は中国や韓国に完全に後れをとってしまうだろう。
IT後進国になる恐れは多分にある。
さしずめパソコンならCPU交換か,下駄を履かせてアップグレード出来るが,
i286クラスのCPUは,最早その役割を終えて仕舞っている。
マザーボードの交換以外方法はない。

(1/18
そもそも日本の誤算は
数年前ゴア副大統領が情報ハイウエイ構想を打ち立てた時
日本では光ファイバー網を全国に敷設するから我が国の方が一歩進んでいると思い違いしたことだ。
未だかつて我が家に光ケーブルが入った試しはないし,
多額の通信費を支払わされている。
また,ブロードバンドも韓国に遠く及ばない。
勿論インフラの整備も必要だが,問題はコンテンツだ。
立派な舗装道路を造っても走るのはトラクターか馬車では話にならないし,
話に聞く東名高速のように慢性渋滞ではその役目を成していない。
日本は同様の繰り返しをITの世界に持ち込もうとしているのだろうか。
よほど日本という国は創造性に乏しい国柄のようだ。

イントラネット(11/12)
最近ITだ,IT革命だと叫ばれているが,どれだけ理解されて居るんだろうか。
企業や官公庁など一人1台のパソコンでネットワークが組まれているところもある。
所謂 イントラネットだ。
しかしながら莫大な設備投資をして有効に活用されているのだろうか。
線をひいて機械を入れてさあイントラだと云っているなら話にならない。
インフラ整備がされているだけでイントラになると思いこんでいる。
大事なのは利用技術である。
一人一人がスキルを上げ習熟することが必要ではないだろうか。
その為に何をするか,何が出来るのかそれが問題なのである。
携帯メール(11/1)
最近高校生などが,携帯片手になにやら熱心に打ち込んでいる姿を目撃する。
かく言う自分も連日ピコピコやっている。
通話料金よりもパケット料金の方が安いと云うことで,もっぱらメールを利用している。
便利な世の中になったものだ。

最近になって解ったことであるが(実験もした),
パケット料金体系の違いもあるかも知れないが,
XmodeとBUでは倍近い料金格差があることが判明した。
来たメールに返信すると,相手のメールが添付され,其れを消去できないのだ。
BU同士で返信をし続けると,莫大なパケット料金を支払う羽目になって仕舞うのだ。
プログラマーがタコなのか,BUがそれで利益をむさぼっているのかは不明だ。
インターネットの世界に不要なトラフィックを増大させている罪は大きい。
(10/25)

勿論プログラマー当人がタコと云うわけではない。
世の中バグだらけのソフト(勿論OSも含めて)買わされて居る中にあって,
携帯が「不正な処理をしました」と名言を吐いて,フリーズして仕舞う事は聞いたことがない。
携帯電話機も立派なコンピュータであるからして,

そのプログラマーが非常に良い仕事をしたに違いない。
逆に努力さえすればバグなしのソフトを開発できると云うことだが,
それは其れでさて置き,
きっと携帯用のプログラム開発段階での企画者がタコなのに相違ない。
其れで,この場において優秀なプログラマーにお詫びと訂正をさせていただく事にする。
(11/1)

IP常時接続・その2 (9/13)

利用開始して1ヶ月程経つ。
接続時間を気にする必要がないという点においては,快適といえばその一言につきる。
しかし,夜更かしが減ったかというとそんなことはない。毎日不健康な生活が続いている。
夜型人間なのでこれは仕方がないことだ。
しかし,おおかたのネットウォーカーにとっては福音だろう。
電話代だけを考えると,毎日45分以上繋げば元は取れる。
勿論ISDNの基本料金と別途ISPへの課金もあるがね。
 そう云う訳であらゆる人が,フレッツISDNに加入するとどうなるだろうか。
トラフィックが増え繋がりにくくなるのだろうか。
心配の種は尽きない。

IP常時接続 (8/18)
いよいよ我が家でも常時接続でインターネットが利用出来るようになった。
課金を気にすることなく接続出来るのは,精神衛生上好ましいと云える。
これで,夜更かしを余儀なくさせられたテレホーダイともお別れだ。
接続料金について,月額4500円が安いかどうか意見の分かれるところだ。
更にプロバイダーの課金がプラスされる。
従前から比較すると安いと云えるが,今までが高すぎたのだ。
更に一層の企業努力が必要だ。
外圧も我々にとってありがたい事だが,
明らかな企業の搾取行為に対して国民は立ち上がるべきなのだ。
外圧には頼ってはならない。
消費者はオトナシイ羊ではない事を知らせるべきだ。
(8/18)
 
規格 (7/5)
今日,携帯電話の買い換えをした。
2年間使用していたので,2000円で新機種に交換できた。
ところが,お尻部分のコネクタ形状が違うのだ。
旧機種はデジタルで,それに併せて買っていた電話番号管理ソフト「携帯ほいほい」の
インターフェースが合わないのだ。
ソフトは,imodecdma1に対応しているものの,コネクタ形状が違うので使用できないのだ。
最初に確認しなかった自分が悪いとはいえ,何故規格を変えるのだろうか。
DVDRAMの規格もそうだ。
ユーザー無視も甚だしい。誰のために造っているのか。
(勿論メーカー自身の為だがネ !!)
まだPCカード(データカードと言うらしい,モデムのこと)も購入していなかったので,
被害は今のところインターフェースのみだ。
2,3千円の出費か,痛いね。
imodeに変えた方がいいかも知れない。
新規なら無料だし,妻の携帯もDoCoMoだからね。

Windows2000発売(2/18)
ご多分に漏れずに深夜から行列を作った人もいるとか。
そのフィーバーぶりは全く理解できない。
勿論私も買ったが,レジにすら並ばないで購入できた。
Win95の時とは違って店内見渡す限り誰も製品を持っている者はいなかった。
いったい個人ユーザーがどれ程購入したのか,また購入するのか興味深い。
マイクロソフト(以下MS)の誤算は,
WinNTは企業向けに発売されたのだが,Win95,98でも簡単にネットワークを構築出来るので,
企業はみなWin95,98を使い出した。安いしネ。
そこでWin2000の登場。
さらに企業ユーザーを取り込もうと,
評価版をインストールしていれば同額でアップグレード出来るとした。
割を食ったのがNTWorkstationユーザーで,何のメリットもない。
いったいどうしてくれる?
(2/18)

NTの米国ビジネス系でのシェアは50%,日本は10%程と云われている。
NTは堅牢性が高くセキュリティが高いとされているOSだ。
にも関わらず,日本ではセキュリティより導入コストが優先する。
危機意識などまるでなさそうだ。

MSは当初,
WinNTとWin9XをWin2000(Win2K)に統合させると云っていたが,
最近の発表では,Win2Kはビジネスユーザー用だとアナウンスしている。
Win2Kで動かないソフトやハードがあったりして,
ユーザの混乱を招くのでこの様な発表となったらしい。
いずれ統合することは間違いのないことですがネ。
各ソフトベンダーは次期アップグレードでは当然対応してくるだろうし,
EPSONやBUFFALOも対応ドライバーを発表している。
評価版時では動かなかったスキャナー(GT-9500)や
プリントサーバー(LVP-TX1)も使えるようになった。
しかもこのWin2Kは,評価版よりもキビキビ動きが良いようだ。
個人的には導入の価値ありですネ。
(2/21)
行 列 
PlayStation2が3月4日に発売された。 
行列といえばこちらも大変な行列が出来たらしい。おまけにひったくり事件も発生した。 
昔,ファミコンソフトひったくり事件があったのを思い出す。 
主人公にでもなってアイテムをゲットする感覚での犯行なのだろうか。 
そんなことはゲームの中だけにして欲しい。 歴史は繰り返すと云うが,人間さっぱり進歩していない。
 人間は進歩していないが犯行はバージョンアップしている。 
殺伐とした世の中ではある。 (3/12) 

バージョンアップ 
 新しいOSが発表になると,ソフトウェアベンダーもバージョンアップ製品を投入してくる。 
しかしバージョンアップとバグフィックスとの違いは何だろうか。 
かつてMSがWinのバグフィックスを日本国内で1000円で販売した事があるらしい。 
勿論本国アメリカでは無料であった。 DAVE(Ver2.1)と云うソフトがある。 
これは,WinPCのネットワークにMacを接続(LAN)するためのソフト。 
最近2.5にバージョンアップした。 
MacOS8.6とDAVE2.1の相性が悪いらしく,G4のシステムが落ちてしまう現象が頻繁に生じていた。 
DAVE2.5を導入してやっとシステムが安定した。 
これなど,バグフィックスで対処すべきで(勿論無料で), 
決してバージョンアップ(有料)で対処すべきではないと思うがどうだろうか。 
無償アップグレード特典付きのパッケージを2台目Mac用に追加購入していたので, 
タダでDAVE2.5を手に入れた。 そうでなければ今頃キレていただろう。 
血圧を上げずに済んだ。 やれやれ! (3/12) 

無 料 
 最近サンマイクロシステムのOS(ソラリス)を無料にするとアナウンスがあった。 
以前から個人向けに希望者には無料で配布していた。 これなど以前は10数万円もしていた。 
個人でWEBサーバーを立ち上げようとする人には朗報だ。 UNIX,LINUXとともに選択肢が増えた。 
MacOSも旧バージョンはフリーソフト化しているらしい。 Winもフリー化して欲しいところだ。 
本来,OSなど無料であるべきだと思うがいかがだろうか。 
どんなパソコンを購入しても,どんなOSでも動く。 そんなパソコンが欲しい。 (3/27) 

さらに,BeOSも個人ユーザーに限って無料化するとの発表があった。 
いよいよOSの世界もおもしろくなってきた。 (4/23) 

最近チェーンメイルならぬジャンクメールが舞い込んできた。 
中身が白紙のメールだ。 何かの手違いだろう,と思って 内容が見えませんと送り返した。 
ところが,
 >>あなたはこのメーリングリスト <XXX.co.jp> のメンバーではありません。 
  メーリングリストについての一般的な案内はメールの本文に xxxxx と書いたメールを 
   XXX.co.jp 宛に送ると送られてきます。<< 
と, 全く悪びれる様子もなく,こんな返事がきた。 
勝手に送りつけておいていい気なもんだ。 
ジャンクに相手をした自分が恥ずかしいが,毎日数十件来るメールの中に, 
こんなメールが来てもおかしくはないと妙に納得している自分ではある。 (4/8) 

マイクロソフト分割 
分割の裁定がくだったが,それを不服として控訴したという。 
大方の予想通り,OS部門とアプリ部門の分離分割である。 
しかし,ビル・ゲイツよ,良いアイデアがある。 OSを無料化するのだ。 
無料化することによって,消費者の利益を守ることができ,分割もさけることが出来る。 
良い事ずくめではないか。 それこそ歴史に残る逆転劇ではないか。 (6/14) 

チェーンメイル(1/23) 
最近我が家にチェーンメイルと思しきものが舞い込んできた。 
最後に自分の名前を書いて9名に送れと書いてある。 ちょっと考えてみればわかると思うが,
メールをもらった者が9名にメールを送り, 更にそれを受けた者が9名に送る....... 数世代後には
地球の人口を遙かに超えてしまう。 
この様なメールが飛び交えば,インターネットはたちまち麻痺してしまう。 
悪意を持ってやっているのか,無邪気な気持ちでやっているのか不明だ。 
最近10万円を切るパソコンや,無料パソコンが現れ, 直ぐにインターネットに接続できる環境が
 整ってしまうご時世だ。 
電話よりも安いコミュニケーション手段で,気軽にメールを出せるからといって,
どの様な結果を招くのか考えもしない, 思慮の足りない人種が増えてしまったようだ。 
ただ機械やサービスを売るだけでなく,ルールやエチケットも一緒に併せて販売してもらいたいものだ。
 尤もマナーやルールについて偉そうな事を云うつもりはないけれども, 
少なくとも此のHPに訪れている方はその様な事をなさらないだろう。 
また,そう願いたいものである。 最近HPのクラッキングがニュースで取りざたされているが,
この攻撃主がチェーンメイルの操るのでなければよいのだが。 
考えすぎかも知れないがネ。 <2/1加筆修正>

過去の「Dのひとり言」です。鉛筆をクリックしてください。
2000年(12月まで)
2001年(1月−12月)
2002年(1月−12月)
2003年(1月−12月)