アラカルト

撮影 (2005/9/29)
9月中旬、4泊6日の日程でハワイ旅行をした。
これで10回目だ。
今までのツアーと違って初の個人旅行だ。
航空券もHOTELもネットで予約。便利な世の中になったものだ。
空港からはエアポートエクスプレスで片道8$(往復14$)。
The Busはトランクのような大きな荷物は持ち込みできないので、
タクシーかエアポートエクスプレスになる。
HOTEL名を告げればその前に着けてくれるので非常に便利だ。
帰りはJCBのサービスカウンターでタクシーを予約、27$だ。
降りるときにチップとして3$払った。
実際旅行してみると、最初の不安感は杞憂だった。
格安の航空券さえ手に入れられればツアーより格安でいけるだろう。
その分買い物に回せる。
ヨーロッパ旅行と違ってトランクの重量制限は1人32Kg。たっぷり詰め込める。
まあ腕がもげてしまわない程度、程ほどにした方が良いけどね。
自室マンションの4階まで運び上げることも考えなければならない。
え?ハワイへ何をしに行くのって?
勿論買い出しです。ははっ! 嘘ですよ。うそ!
昨年も愛用のデジカメを持って行き、今更何を撮るのかって妻に云われたけど、
昨年は良い写真が撮れた。(上写真)
今年も傑作狙い、全身にサンオイルを塗ったくって日没1,2時間前からスタンバイ。
しかし日没とはいえ太陽にレンズを向けて撮るのは設定が難しい。
プロは撮影条件のデータは頭にインプットされいるので戸惑うことはない。
プロの域に達するには年間フィルムベースで数十本以上そのデータを頭に叩き込んでいなくてはならない。
私のような素人にはデータがないから、まごまごしている内に沈みかけの陽はあっという間に沈んでしまう。
無論ただの太陽をとっても仕方がない。
大事なのは構図だ。
上の写真を見てお分かりの通り、ヨットと太陽の位置関係は絶妙と思うのは私だけだろうか。